ber

お酒を飲んだ翌日に、足のだるさを感じた経験はないでしょうか?

QAサイトではこのような悩みをよく見かけます。

お酒を飲んだ翌日に両足のふくらはぎが、だるいことがあります。飲酒量と筋肉の疲れに何らかの関連があるのでしょうか?

お酒を飲んだ翌日の足むくみの原因は睡眠不足と水分の排出不足

お酒を飲んだ翌日の足むくみの原因は、ずばり睡眠不足が関係しています。

寝ている間は身体の機能(水分の排出機能)によって水分のバランスを整えます。

睡眠時間が不足することで、水分の排出が不足した状態で翌日を迎えてしまいます。

睡眠時間は、身体を休めるうえでとても重要です。寝不足の状態は、足のむくみの原因に繋がります。

足がだるく感じる原因は、お酒にも関係しています。お酒を飲むことで、水分の排出機能が麻痺して、身体の水分量が増加することでむくみに繋がるからです。

ばっちり

お酒を飲んだ後は、しっかりと身体のケアをしてあげることが大切です。

お酒を飲んだ翌日の足のむくみ解消法

入浴、足湯

体が温まることで血液の巡りが良くなるため、むくみが和らぎます。15分から20分くらいは、ゆっくり湯船に浸かりましょう。

運動

10分ほどのストレッチが効果的です。お風呂上がりにおこなうと新陳代謝が高まり、足むくみの症状が緩和されます。

カリウムを摂る

カリウムの成分には、水分のバランスを整えてくれる働きがあります。むくみは、カリウムが不足することが原因で起こります。カリウム成分を摂取して、「むくみづらい体質」を手に入れましょう。

むくみサプリメントを使った驚きの体の変化

するるのおめぐ実の口コミ

私も、以前は足のむくみに悩んでいました。お酒を飲むと、足がパンパンになり、ふくらはぎが痛くて中々寝付けないこともありました。

「むくみソックス」「コロコロローラー」など、色々と試してはみたものの、一時的な効果を得ることした出来ませんでした。何か良い方法はないかと探していたら、「むくみサプリメント」にたどり着きました。

飲み始めて1週間ほどで、体の変化に気がつきました。

以前は、解消されなかった足のむくみが、少しずつ気にならなくなってきました。顔のむくみも少し収まってきて、便秘も解消されて、一石二鳥です。

1ヶ月ほど続けると、かなり変化を感じるくらいむくみづらくなり、周囲からも「痩せたね」といわれるようになりました。むくんでいた体も、心もすごく軽くなりました。

今では、お酒を飲まない日でも毎日欠かさず飲んでいます。「むくみサプリメント」を使うことで、むくみを根本から解消することが出来ました。

トップページで紹介している「むくみサプリ」も参考にしてみてください。